鳥取大学生活共同組合

入学準備が必要な理由を知ろう

ステップ1

入学準備は、大学生活4(6)年間、さらに卒業後の日々へつながっています!

大学生活は社会に飛び出す最後の準備期間になります。

今までは限られた範囲の中で生活を送っていましたが、大学生になると自分の知らない場所や経験のないことへのチャレンジが待っています。

一方で合格から入学までの期間は限られており、4月以降は新生活が始まるため「後から申込む」ことが困難になります。社会人までの見通しをもって、在学期間を安心して過ごせる準備をお願いします。

鳥取大学生協では何よりも学生のみなさんの健康を土台に据えて、学業継続や成長の後押しのために、しっかりと安心を提供していきます。

先輩体験談

1年生

不安と期待…初めても挑戦もいっぱい!

入学前は、大学生活が楽しみな反面、日々の自炊や学習面(特にパソコンの操作)に不安を感じていました。入学後はミールカードでバランスの良い食事をとることができ、パソコンのサポート等も活用しながら安心して大学生活を送れています。

2年生

行動の幅が拡がる!学内外で活動

時間に余裕ができてきたので、勉強だけではなく、アルバイトを始めたり、サークル活動を掛け持ちもしました!中には、旅行や留学をする友達もいます。共済はアルバイト中や留学時の事故も保障してくれるので、安心して色々なことに挑戦できます。

3年生

専門科目が増える!学内で食事も勉学も!

1〜2年次よりも専門的な内容を学んでいます。講義が終わればサークルや部活にも積極的に参加!そんな忙しい毎日ですが、生協の食堂やショップで食事や用事を済ませることで時間をやりくりし、学業と趣味を両立できています。

4年生

最終課題!就職活動&卒業論文

研究室での実験や学会での発表、さらには卒業論文発表もあり、心身ともに大変です。多忙な時期も、バスの予約や履歴書の準備が生協でできるので、ありがたかったです。このような多様なサポートに支えられ、無事に卒業を迎えました!

先輩に聞く!入学準備が必要な理由

高校生活とは大きく異なります!

地域学部 3回生

大学生になると活動の範囲が大きく拡がります。勉学はもちろん、一人暮らしや新しいチャレンジなど今までとは生活スタイルが変化しました。鳥取は雪が降るのでその対策も必要です。また学年があがると、就職活動や研究室・ゼミなど入学時に想像していなかったことにもチャレンジします。初めての大学生活をより充実して過ごしてもらうためにも、鳥大生の実体験も聞ける新入生サポートセンターに一度は来てください!

4年間を考えた大学生活準備を

農学部 3回生/サポートリーダー

みなさんは大学生活をイメージできていますか?

準備万全だと思っている方も、「鳥大生の生活って実際はどうなんだろう…」と気になる部分があると思います。そんな不安を解消するために、このパンフレットを活用し、あなただけの大学生活をイメージして入学準備をしましょう!

新入生サポートセンターで、僕たちサポーターがみなさんをお待ちしています。

その他のステップへ