鳥取大学生活共同組合

Surface活用講座

Surfaceを使った学びを支える3つのサポート〜その3〜

Surface活用講座

Surfaceは「持っているかどうか」ではなく「使いこなせるかどうか」

大学では講義や課題、研究など様々な場面でPCが必要となっています。また、2020年にはコロナウイルスの影響で大学の講義もオンラインが主体となり社会全体で求められることも変化してきており、以前のようにWordやExcelの機能を知るだけでは足りない時代になってきました。

Surface活用講座Ⅰでは鳥大生がオンラインでSurfaceを活用し学ぶことができること、大学で必須になるレポートの書き方について習得することを目的としています。

Surface活用講座Ⅱでは学部ごとにコースが分かれ、それぞれの学部の学びで特に必要となってくる内容に特化して、それらを習得することを目的としています。

Surface活用講座Ⅰ

Surface活用講座Ⅰでは①Surfaceを活用したオンライン講義・対面講義両方で使える便利な使い方 ②大学のレポートの書き方を学びます。リアルだけでなくオンラインでの講義が増えている中でこれまでとは違う形での学び方に慣れ、学びやすい方法を知ることは重要です。

SurfaceをただPCとして使うだけではなく、Surfaceを使ってオンラインだからこその学び方をしましょう。また、大学では頻繁にレポートを作成することがあります。第1クオーター末のレポート提出に間に合うように学びましょう!

POINT 1 オンラインも交えた勉強の仕方を学べる!

高校と大学の大きな違いは、自ら学び・調べ、相手に自分の考えを伝えることを徹底する、ということです。2020年はコロナの関係で最終的にオンラインとリアルが混ざった形で講義が進みました。そんな中でもSurfaceは教科書やノートと同じくあなたの大切な教材となり、高校までの学習方法とは全く異なったものとなります。講座ではSurfaceの使い方だけでなく、大学の「勉強の仕方」も学べます。

POINT 2 Surfaceならではの活用術をオンラインで習得!

紙を使わずにSurface1台で勉強する方法、オンラインならではの学習方法、複数人で同時にレポートなどを作る方法、手書きの文字をデータ化する方法など、鳥大生が実践している「Surfaceだからこそできる活用法」を学べます。また、講座をオンラインで受講可能なため自分の好きなところで受けることが出来ます。自分だけのPC、使いこなしてみませんか?

Surface活用講座Ⅱ

Surface活用講座Ⅱでは各学部で特に必要になってくる内容について学びます。共通の使い方だけでなく各学部の学びに合わせた知識を習得することで、学びやすく、自身にあった使い方をすることが出来ます。基本的な使い方で満足せず、自分の好みに合った使い方を見つけましょう!

地域学部・医学部コース

学部の特徴
  • 語学学習
  • 調査実習
  • 座学中心

座学の講義やレポートも他学部に比べ多く出ます。資料も多いのでうまくまとめることが必要!Ⅰで学んだOnenoteやWordについてより深く学びます。

工学部コース

学部の特徴
  • 学科共通の基礎科目
  • 実験や実習

後期や2回生から実験や専門的な講義が始まります。実験データの集約やそこからレポートの作成、講義や実験の資料をまとめることが必要に!Excelなどについても学んでいきます。

農学部コース

学部の特徴
  • フィールドワーク
  • 実験や実習
  • コース分属

フィールドワークや実験など座学で学んだことを実践する場が多くあります。学んだことを振り返ったり、調査したことをまとめることが多くあります。実験時やデータ整理に役立つ使い方を学びましょう!

利用した先輩からのメッセージ

新しい学びを始めよう!

工学部 3回生

私は大学生になる以前からよくPCに触れていたのですが、大学の講義で出されるレポートの作成がうまくできるか不安で講座を受けました。実際講座ではレポートの作成に必要なソフトWordの使い方からどのような文章がレポートにはいいのかなど学びました。さらに他の受講している人と一緒にプレゼン資料の作成から発表までを行い、大学の授業ではなかなか体験しないことができました。コロナという状況で学生同士の関わりが少なくなるので、とても良い経験ができると思います。私たち先輩スタッフが学生生活でのSurfaceの使い方をお伝えし、グループワークのサポートも行うので一緒に頑張りましょう!

Ⅰ・Ⅱを通して受講することでSurfaceの活用方法を体系的に学び、実践します

その他の関連ページ