鳥取大学生活共同組合

4年間PCハードウェア保証

4年間PCハードウェア保証

修理が必要な故障トラブルに、幅広く対応します!

「自転車のカゴに入れて持ち運びしていたら降りた後に自転車が倒れた」「タブレットとして片手で持ち運んでいたら落としてしまった」「カバンに入れたままで部屋に置いていたら誤って踏んでしまった」など、大学生活の4年間では思いもしないトラブルでパソコンが故障してしまうこともあります。そんな時「4年間PCハードウェア保証」に申込んでいれば修理費用の心配はありません。

POINT 1 生協ショップで修理対応

大学生活の4年間では思いもしないトラブルで突然故障してしまうこともあります。もし故障してしまっても大学内にある生協ショップで修理を依頼できます!鳥大生の先輩が対応してくれるのでとっても相談しやすいですよ!

POINT 2 修理期間中は無料でPCを貸出!

修理に出している間も課題や実験などでPCを使う機会は多々あります。そこで、保証加入者には修理期間中もPCを使っていただけるように無料の代替機をご用意しています。

※代替機は数に限りがありますので一回の貸し出しで2週間とさせていただきます。延長されたい場合は一度サポートデスクにて空きがあるかご確認ください。

POINT 3 自然故障だけでなく、物損故障も保証!

自然故障だけでなく、物損故障も保証!家の中や研究室などでぶつけたり、通学中に落として破損してしまった時にも対応できます!画面だけでなくUSBやイヤホンのポートの破損など、幅広い修理に対応しています。

窓口は生協ショップ内にあります。
修理中は無料PCを貸出しします。

利用した先輩からのメッセージ

保証のおかげで卒業まで安心して使えます

工学部 3回生

大学に入ると、講義や合同レポートなどで自分だけのパソコンを使うようになり、自分の力で解決しなければならない場面が増えました。周りの人と同じだから安心ということと、4年間PCハードウェア保証が付けられることが生協オリジナルパソコンを選んだ決め手でした。以前USBの差し込み口を壊してしまい読み込むことができなくなってしまった際も、保証に入っていたおかげで修理メーカーへの郵送や電話などの難しい手続き無しに学内の生協ショップで修理対応してくれたので、忙しい大学生活の中では非常に助かりました。修理にかかる金銭の心配も無く安心しました。大学に入って初めて持ったPCなので愛着もあり、長く使っていくためにも入っていてよかったです。

鳥大生はどのくらい利用しているの?

全体的に多いのは大学にも慣れてきて、ふとした時に壊してしまった6月、夏休み中に壊れてしまったり後期が始まり久しぶりに起動したときに調子が悪いことに気づいて持ってくる10月、年度末に卒論やその後に備えて駆け込みの多い3月に利用が集中する傾向があります。

故障する原因で多いのは学生が落としたり、PCを入れたリュックを自転車のカゴに入れて運んだ際の衝撃によるものなど、通常メーカー保証では対象外となるケースが大半!

自己の過失による故障も保証される4年間PCハードウェア保証の加入がオススメです

学年が上がるにつれて修理が増えてくる
自然故障よりも過失による物損故障が多い!

修理事例

通学時にPCをリュックに入れて自転車のカゴに入れて運んでいた。講義室について出してみると画面が割れていた。リュックに入れるときにPCバッグには入れていなかった。

ワイヤレスマウスの受信機を挿したままPCバッグにしまい、次に出したら受信機の挿した部分が入ったまま壊れていた。

研究室で作業中に、PCの隣に置いてあったコーヒーに当たってしまい、キーボードにかかり浸水してしまった。

保証内容・明細

自然故障

4年間何度でも修理可能

物損故障

4年間で最大2回保証

破損・水漏れ・落下等のアクシデント故障も保証対象

◆ Surfaceは修理ではなくリファービッシュ(再生品)と交換対応となります。

  • ※対象外:盗難・紛失・洪水による故障・地震(地震に起因する津波・噴火を含む)による故障・故障によって生じた経済的損害や二次災害等、電源アダプター、ペン、タイプカバー、バッテリーの劣化による故障
  • ※タイプカバーおよびペンは1年のメーカー標準保証がついています。

その他の関連ページ